クレジットによってダイレクトに購入できないもの

間接的カードの手法は易しいです。スチームクリーナー

クレジットによってダイレクトに購入できないものをストレートに取引するという方法ではなく、直接商品を買わずにする方がいいのです。

理屈が簡明という根拠によりギフトカードの例を見ながら示してみようと考えます。

モデルになる人物が有名なアクセサリーを手に入れたいと考えて立っています。

欲しがっているブランドバックを市販しているお店だとクレジットカード使用払いが許されていません。

しかしながらMasterCard、Diners clubなどののギフト券を使用すれば支払いを許可してくれるという事です。

そこでモデルとなる個人はクレジットカードを使用して商品カードを取り寄せ出来るギフトカードを売っている店舗に訪れクレジットカードを駆使してJCB、NICOSなどののギフト券を買い取りしました。

次に利用したカードを使って注文したAmerican Express、Diners clubなどの商品券をショップに所持して向かい、求めていた有名な銘柄の服を買ったとします。

「なんで人物はそのような面倒な事をしてるの?」と訝しむかもしれませんが実は解説した技法を運用すると本来だと獲得することのなかったカードポイントが得られます。

金を使って高価なアクセサリーを注文したとした時はクレジットポイントは貯まりませんし、NICOSなどのギフトカードを現金で注文した後駆使してもクレジットポイントはつきません。

けれども今示した状況の時はJCB、Diners clubなどのギフトカードをカードで買い付けしたという根拠により価値のあるアクセサリーを買い付けした状態と同じ分だけクレジットポイントがゲットできるようになります。

こういう事例が間接的にキャッシングを用いた状態になっているという理由で、直接でないクレジットカードと名づけられた仕方です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.