円を例に説明すると

為替介入(外国為替市場介入)というのを聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞記事、雑誌記事、テレビ、グーグルの記事でチラリと見たみなさんもいると思います。

初めから為替介入というのは我が国においては、・大臣(財務大臣)円相場の安定性を実現するために行なう方策と使われています。

要は、急激な円高または円安が発生すると財務大臣の指令により日銀が日本円を売買して為替レートを安定させるといったことです。

為替介入(外国為替市場介入)は種類があります。

1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京市場の中で自主的に市場に加わって外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが協議のうえで、それぞれの銀行などがお金を使って一緒ないし時々為替介入(外国為替市場介入)を実行する。

3.委託介入・・・海外の銀行などへの為替の介入を依頼する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の銀行などに代えて外国為替平衡操作(為替介入)を執行する。

こんなような方法です。

どの外国為替平衡操作(為替介入)も一時期、もしくは継続的に為替のレートにたくさんの影響力を与えるのです。

介入のお金はやはり国家のプライドをかけて行なうのですからスケールが大きいです。

円を例に説明すると、普通は数銭ずつ変化する為替相場が突然数円ごとの変化をするのです。

個人で投資をしている方なら一度は経験したことがあると思うのですがここまでは順調に含み資産(もしくは含み損)を増やしていたポジションを保持していたにもかかわらず、キープしている持ち高が決済しましたとの通達がFX業者の発信でメールが・・・どの程度儲かったのかな(損失が出たのかな)?と気にしつつ決済情報を確認したら自分で見込んでいた結果とは真逆の状況で息を飲んだ話がよくありました。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれると多く聞いた話なのです。

こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれると為替の市場の流れと反対の変化をするものです。

加えて動く額の範囲は大きく動くため注意が必要なのです。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.