www.dilbeckrcs.com

昔の人々は、時間を知るために太陽の光を活用していることが多かったそうです。 太陽の光は、時間を知るための1つの目安になるものです。太陽の光が明るければ、明らかに昼です。逆に太陽の光がなくて暗いのでしたら、夜という事になります。 また昼の時間帯でも、太陽の大まかな位置などで時間を把握している方々が昔は多かったそうです。つまり昔は、太陽は時計変わりだったという訳です。 昔は、棒を用いた時計も利用されていました。棒に太陽の光が当たれば、当然影ができます。その陰の位置によって、現在の時刻が分かるような時計もあったのです。 もちろん現在では、その太陽の光を用いた時計は見られません。どこかの博物館などで飾られている程度です。 しかしそのタイプの時計は、バッテリーを使わないメリットは大きいかなと思います。太陽の光さえあれば、時間を知ることができるからです。電気は不要なのです。 ただし曇りの日に時間を知ることができないのが、デメリットではあります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.