www.dilbeckrcs.com

花を植えるようになってから十数年になりました。 春のアブラムシや梅雨時のうどん粉病とか、いろんなトラブルがあっても、 花を咲かせるのは喜びです。 花をどのようにトラブルを少なくしていくかは、失敗を繰り返しながらも、少しずつは学んできている気はします。 今は、生活の中で、花をどのように置いて、楽しめるかについて考えています。 以前住んでいた家の隣の人の植え方が、印象的でした。 毎日、花がら摘みや「散髪」と称して形を整えておられて、こざっぱりとしていたこと以上に その花の配置は、それまでに見たことのないものでした。 派手さはなく、すべて鉢やプランター植えなのに、全体が自然に近い配置になっていました。 豪華じゃないのに圧倒される雰囲気です。 大き目のプランターの一面に小花の咲くグランドカーペットが、草原のようで、ハイジの世界でした。 緑を主体として、宿根草が中心だったように思います。 これぞ、癒しという空間でした。 こぼれるような濃淡の緑に、淡いピンクやブルーや黄色の小花たちです。 全然足元にも及ばないけど、家で花の配置を考える時、今でもその庭が高い目標になっています。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.