www.dilbeckrcs.com

任意保険というものは強制保険になっている自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲内でまかなえない補償が可能になる必要性の高い保険です。これは任意保険の考え方は自動車損害賠償責任保険の上級保険という役割で働きますので、自賠責保険でカバーできる限度額を上回った時に働きます。それに、自賠責保険の中では物的損害については補償を受けることができないのでそれをカバーするためには任意保険にも入っておくのがいいと思います。既に任意保険の保険料を支払っている愛車を買い取ってもらう場合は国産メーカーの自動車あるいはドイツ車ということは関係なく、残っている分が還付されます。国産車の売却の際も同じことが言えます。自動車損害賠償責任保険の場合は、一般的には放っておくのが常識ですが任意保険の場合は誰でも加入する保険ではないですから、キャンセルをすることになります。また、契約解除をすれば、今現在 支払い済みの返戻金が返ってくることになります。車売買が決定した場合でもすぐさま加入している任意保険を解約するのはリスクがあります。当然、すぐにキャンセルするとそれだけ返還される金額は多くなりますが、もしも車店舗が遠くにあるため、自分で運転していくことになったケースでは、任意保険に入っていない状態で運転をしなければなりません。万が一のことを想定して絶対にこの先自分が自動車の運転をしないという状況になるまで任意保険の契約の中途解約をすることがないようにする必要があります。車を買い取ってもらって、すぐさま他の車両を買う場合ならば構わないのですが、乗らない状態が続いて任意保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に入っていない時間が存在すると過去に継続していた任意保険の等級が下がるので、保険料の金額が増額されます。このような状況では「中断証明書」を出してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があれば、一定期間は中断前の保険の等級を引き継いで加入することが可能です。また、13ヶ月以内であれば出してもらうことができますから仮にもう車を売却していて、「中断証明書」を出されてもらっていない状況でしたら、その保険会社やその代理店に中断証明書を発行していないことをお伝えください。仮に他の自動車を購入して、購入後に前に所有していた車を廃車に出すのであれば契約は一方のみのになります。保険の更新という処理になるので運転する必要がある車ならば処分の際まで注意しなければなりません。さらに任意保険というのは自動車の種類により料金がだいぶ変化してくるので、中古車売却の際は任意保険の保険料を見直す良いタイミングと考えられます。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.