www.dilbeckrcs.com

遭遇してしまうのが自動車の事故です。その状況でどんな風に対処した結果によって、保険料の受け取りも相当違ってくることも想像されますので考え方と対処が求められます。想像も出来ないケースに出会ってパニックになってしまったとしたら必要な事を見失ってしまい後で己が大損をする時も想像できるので乗用車の事故に巻き込まれたケースは適切に以下の判断するようにするとよいでしょう。事故の遭遇したケースで最初にする必要があるのは負傷した人の確認です。のすぐ後は動揺してショック状態になってしまう場合がありすぐに対応できないのが現実です。なので、負傷した人がいた場合には危険じゃないところに移動してから応急な手当を行い、周りに助けを呼ぶなどを行い要救助者最優先に努める必要があります。119番に連絡する場合にははっきりと事故現場を伝え、分からない場所では付近の分かり易い建物や交差点を連絡して住所が分かってもらえるようにします。その後に警察に通報し、自動車の事故があった旨そして簡単に状況を連絡します。救急車と警察が来るのを待っている内に怪我人の内容を聞きます。氏名、住んでいるところ、電話番号、免許証、ナンバープレート、事故の相手の方の自動車保険会社名というそれぞれのことを言います。特に事故相手に違反が存在する場合そこで片付けようとする場合が考えられますが事故現場で解決するのではなくどんな風な状況でも警察や保険屋さんに通報してきちんと調査してもらう事が大切です。関係者の身元を教えあったら他の交通のさまたげになることをやめるために障害になる物を道の上からどかします。もしも妨げになった物が他の人の交通の邪魔になっている状況なら、情報交換をするより先にこの対応を行ってしまっても問題はないです。この後に自らの加盟している自動車の保険会社に知らせ自動車での事故が起こった事を電話します。自動車の事故から一定時間の間に自動車の保険会社に連絡を入れないと車での事故の保険の適用されないことも想定されますのでなるべくすぐに連絡することが大切です。また事故の現場の跡としてコンパクトカメラやスマホで現場や自動車の破損の様子の写真を撮ります。その写真は過失のパーセンテージ決める際にかなり大きな糸口とできるので、自分自身の車や相手方の愛車の状態を的確に証拠として残しておくことが重要です。他の人がいるのであれば警官の方が保険屋さんの人が辿り着くまで事故の現場に待機して頂くように求めることも忘れないようにしてください。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.dilbeckrcs.com All Rights Reserved.